胡蝶蘭の育て方

かつては高根の花と呼ばれ、高級鉢花の代名詞ともなっていた洋ラン。しかし現在では大量生産の手法も確立され、庶民にも愛される花の一ジャンルに落ち着いた感があります。
その中でも現在特に人気なのが胡蝶蘭。白やピンクの丸い花がアーチ状の花茎に十数輪、優雅に咲き並ぶ姿はまるで蝶の群れが舞う様。胡蝶蘭の学名は多くの人がご存じの様にファレノプシスですが、これはラテン語で「蝶(あるいは蛾)の様な」という意味であり、まさにピッタリと言えるでしょう。
「幸運が飛んでくる」という花言葉からも大変縁起良く、それゆえ様々なイベントで贈答品で頂く機会も多く、またフラワーショップに並ぶ素敵な寄せ植えを見、購入し自宅に飾る人も多いかと思います。
ただ花は素敵でも、実際に育ててみようとなると勝手が全く分からず、またコツが掴めず上手くいかないという人もよく見ます。実際のところ、そのコツさえ掴んでしまえば意外と胡蝶蘭の栽培は簡単であり、毎年、いやコンディションが良ければ年に2回も花を咲かせる事だって難しくは無いのです。
では具体的な栽培の仕方を見てゆく事にしましょう。

①胡蝶蘭を入手したらすべき事
市場に出回っている大半の胡蝶蘭は大きなプラスチック鉢に数株の寄せ植え、あるいは1株植えとなっています。特に最近では2、3株の寄せ植えとなっているケースが圧倒的に多く、胡蝶蘭が本来好む株の姿ではありませんから、花が終わり暖かくなったら必ず植え替え、1株づつ管理してやる必要があります。
ですが先ずは目の前の素晴らしい花を楽しむ事が大事。花持ちを良くする為には温湿度の管理が重要です。
胡蝶蘭のベストな置き場は一般の家庭であれば、日中レースのカーテン越しに薄日の差す窓際やリビングのテーブルがベストですが、購入時期が寒い冬の場合、明け方の窓際は冷え込みますから最も気温の高い寝室や部屋の中央に移動し、寒さに当てない事を心掛けます。冬場で室内の最低気温が10度を割り込む様であれば、鉢の上からダンボールを被せるといった対策が効果的となります。
胡蝶蘭は根が水浸しの環境を特に嫌います。若干の乾燥と湿気が交互にやって来る環境を最も好みますから、通気性ほぼゼロのプラスチック鉢の環境は胡蝶蘭にとってあまり好ましくありません。
特に花を咲かせている最中は水を吸いませんから、意識して水やりを控える事が大事です。一回十分な水やりをしたら、植え込み材料となるミズゴケの表面が十分乾くまで次の水やりは徹底的に控え、その間は株全体への定期的かつ入念な霧吹きに留めます。霧吹きは株のコンディション維持や花持ちを良くする為に1日数回必ずやっておきたいものです。
花が終わりあらかた萎れてしまっても、実はもう一回花を咲かせるチャンスはあります。
胡蝶蘭の長い花茎には数センチ間隔で節があるのですが、根本から5、6節を残し先をカットしておくと、しばらくして残った最も先端の節から再び花茎が伸び、数カ月後に再び花が咲くのです。
ただ寄せ植えで葉にも元気が無く、株の力が明らかに消耗している時は避けるべきでしょう。

②初夏から秋の成長期はどうやって管理する?
花が全て終わり、温湿度もぐんと上昇する初夏に入ると、ようやく胡蝶蘭も葉や根を活発に伸ばす成長期へと突入します。
主な管理イベントのタイミングは新しい葉や根が元気良く伸び出した頃。太い根の先端が瑞々しい緑色となり、また交互に出ている葉の付け根から新たな葉が伸び出した頃が、植え替え等の適期です。
プラスチック鉢に植わっている株に対しまずすべき事は植え替えです。より通気性の高い素焼き鉢に1株づつ植え替え、フレッシュな状態にしてあげる事です。
植え替えは株から古い植え込み材料や腐った根や葉を全て取り除き、新鮮なミズゴケで根元を包み素焼き鉢に軽く押しこんであげるだけでOK。
梅雨明けまでの期間は雨に当てぬ様通気の良好な窓際等の室内で、梅雨が明け本格的な夏が訪れたら思い切って戸外に出し、庭木の明るい木陰に吊るしたり強めの遮光材を掛けた下の栽培棚に鉢を置き、管理します。
成長期の水やりは、植え込み材料のミズゴケが乾き掛けたらすぐ、鉢底から十分水が出る程たっぷりと与えるのが基本。自分の都合の良いタイミングではなく、あくまで植え込み材料の乾き具合で判断し水やりを調整すると良いでしょう。
胡蝶蘭は成長期でさえあまり強い肥料は好みません。栽培に自信が無ければ置き肥は一切止め、洋ラン専用の液体肥料を数日に1回程度水やりと共に施してあげる程度がベストです。初心者なら希釈する必要の無い、鉢に直接与えるタイプが便利でしょう。
害虫で特に注意すべきはナメクジで、弱い葉や根、花茎の先端を食害します。夜中に鉢周りをチェックし補殺するのがベストですが、鉢元に置くタイプの殺虫剤を施すのも良い方法です。

③花茎が伸び出したら…
秋から冬にかけ気温が次第に下がって来ると、胡蝶蘭も葉や根の成長を止め、休眠期へと移行します。根や葉の伸びが鈍くなってきたら次第に水やりのスパンを広げ、乾燥気味に管理する様にします。
本格的な秋雨シーズンに入る前に元の通気良好な明るい出窓等に取り込み、雨に株を当てない様に心掛けます。もちろん肥料も完全に打ち切り、株元をチェックし花芽の伸長に備えます。
花芽は早ければ晩秋くらいから株元、ちょうど葉の付け根辺りから上に向かって伸び始めます。最初は根との区別が紛らわしいのですが、しばらくすれば完全に先端が上を向き、また先に書いた節が確認出来る様になりますので、容易に判別出来る様になります。
気温が高めに管理可能であれば、寒い冬を通じて少しづつ花芽は伸びていきますが、花茎が数十センチに達し、少しづつ先端がアーチを描き始めたら、折れない様支柱を立て上手く誘引してあげる必要が出てきます。これは花の見栄えを良くする為にも重要です。
先端がUの字に曲げた支柱を立て花茎を支えてあげるのも良いですし、それらが無ければ直接支柱とビニタイや紐で結んでも良いでしょう。

④胡蝶蘭は周辺環境とメリハリが大事
胡蝶蘭は常に株に対し手間暇を掛ければ良いというものではありません。むしろ株の周辺環境を整えてあげる事、そして水やりを始めメリハリの利いた管理が大事なのです。
年間を通じて15度から25度の気温、70パーセント以上の湿度、木漏れ日程度のやわらかな日照という環境さえ確保出来れば、水やりだけ気を付ければ他に全く手を掛けなくとも勝手に成長し花を咲かせてくれるのです。
人間側がいかにそれに近い環境を安定して作り出してあげるかが重要であり、胡蝶蘭や他の洋ランの為に、それらの環境が容易に維持出来る温室やワ―ディアンケースを持つという選択肢も入ってくるでしょう。
いずれにせよ四季がはっきりしている日本で胡蝶蘭を栽培する上でのテーマであり、また醍醐味でもあるのです。

胡蝶蘭をプレゼントしました

胡蝶蘭は長い期間花が咲いているということで、開店祝いや新築祝いなど、いろいろなお祝で贈られる縁起の良いお花です。
私の父は母に誕生日に胡蝶蘭をプレゼントしていましたが、もう半年くらいたちますが、上手にメンテナンスしているためかまだきれいに花も落ちずに咲いています。
値段は他の花に比べたら高価ですが、都市部の花屋で買わなければ、田舎の花屋や、市場に行くとたまに安く購入できることもあります。
田舎だと胡蝶蘭を贈るなんて家もあまりないので、必ず手に入るかと言ったら難しいかもしれませんが、安く手に入れたい場合は探してみるのもいいかもしれません。
とくに大き目の産直売り場の花売り場にたまにほんとに安く売っていることがあるので、見つけたらお買い得だと思います。
胡蝶蘭は白や紫や、ピンクなどいろいろな色があります。
今は色もたくさんあるので選ぶもの楽しいですね。プレゼントされる人の印象に合わせて似合う色を、フラワーアレンジメントしてもらうように選らぶこともできるようになりました。
毎年誕生日に胡蝶蘭を贈っているわけではなく、60歳という記念の年に胡蝶蘭を贈っていたので、それなりに大事な記念の日に、感謝の気持ちを込めて贈るべきお花なのだと思います。
また鉢に入っていて、結構な大きさになるので、人に見てもらえるように、玄関に置いておくのも良いですし、適度に日の当たる寒すぎない場所に置いてあげて、たまにスプレーでお水をかけて、乾かないようにしてあげると長持ちしてくれます。
あまり若い世代には胡蝶蘭をプレゼントしたり、されたりすると言うのは少ないかもしれませんが、いただくと大事にしようと思うような高価な印象のお花です。贈ると素敵ですね。
新築祝いや、お子さんが生まれたら胡蝶蘭を贈るのも素敵だと思います。直接的に子供が生まれたご夫婦に贈るのではなく、そのご夫婦のご両親に、お孫さんが生まれておめでとうございますと言う意味で、親戚が胡蝶蘭を贈ってくれたことがありました。
そのお花も半年経ってもきれいに長く楽しむことができました。
親戚の家族の名前のカードを、胡蝶蘭の花を支える棒につけてくれて、お祝いと書いてあるので長く見ることができて、見るたびに親戚たちの顔が浮かび嬉しいものです。
両親も喜んでいました。両親はよく旅行に行くので、胡蝶蘭の心配をしていましたが、1週間くらいの旅行でも元気に咲いていますし、繊細なお花ですが、結構丈夫なのかなと思いました。
さすがに夏は1週間ほどお部屋に入れたまま放っておいたら、葉が全て落ちて、元気がなくなってしまったようですが、その後丁寧にメンテナンスしたら、復活していました。
長くもつお花だからこそ、お世話も気をつけてお世話したいお花ですね。

胡蝶蘭の肥料について

胡蝶蘭はよく会社やお店の開店祝いの際に送られる花の一つです。

 

胡蝶蘭はとても美しい花で一つあるだけでその場が高級感でいっぱいになり、優雅な雰囲気を作り出してくれる花です。

しかし実際に胡蝶蘭をもらったり購入したりして自分で手入れをするにはどのくらい手間がかかりどいうことをしなければならないのか知っている人は少ないと思います。

 

そこで今回は胡蝶蘭の肥料について説明して行きたいと思います。胡蝶蘭はとても繊細な植物なので肥料の種類や量に気を配らなければなりません。たくさんあげればいいというのが通用しない花なのです。胡蝶蘭は花がとても立派で大きく咲くため、ついつい肥料をあげすぎてしまうことがあります。しかし胡蝶蘭は少しの肥料でも育つ花と言われています。

それは胡蝶蘭の根元は肥料の吸収率に優れているからです。そのため少しの肥料でも心配なく成長してくれます。ですから胡蝶蘭を育てる上で注意するべきことは肥料をあげすぎないということです。肥料をあげすぎると根元の部分が腐ってしまい花が咲く前にダメになってしまうこともあります。ですから肥料の量には十分に注意が必要です。胡蝶蘭の肥料の量は気温や季節により微妙に変えていかなくてはなりません。胡蝶蘭の肥料は胡蝶蘭用と言う記載があります。しかしホームセンターなどで売っていますが、なかなかお目にかかれないと思います。

やはり胡蝶蘭を育てる人はあまり多くないと言うのが実情のようです。そこで胡蝶蘭用ではなくて必要な栄養素が入っていれば問題はありません。

必要な栄養素は窒素、リン酸、カリの3種類です。これらの栄養素が同等くらいに含まれているものが好ましいとされています。胡蝶蘭は肥料がなくてもいいと言われているくらいなので肥料をあげる量も本当に少しだけです。あまり肥料をあげすぎると根元は腐ってしまい、花が咲く前に枯れてしまうことがあります。胡蝶蘭の肥料は様々な種類があります。

大きく分けて固形肥料と液体肥料があります。固形肥料というのは主に魚を原料としていて魚分や骨粉を含んだ原料に水を加えて固めたものと言われています。

即効性は低くゆっくりと栄養を行き渡らせたいときに使用する肥料です。固形日肥料は原料が魚なので液体肥料よりも臭いがあります。反対に液体肥料は成分を均等に配合してできたアンプルにいれられた肥料のことです。とても使いやすく薄める際も薄めやすく固形肥料よりも重宝されています。特に初心者には固形肥料よりも扱いやすい肥料となっています。

またアンプルに入っていますし、元々の原料自体に臭いがないので肥料独特の臭いがほとんどありません。室内で使うのに適していると言えます。ですから胡蝶蘭に適している肥料も液体肥料の方です。液体肥料は薄めることができますが固形肥料は薄めるというのが難しいですし、砕いてあげるとなるとその量も難しいからです。

液体肥料ですと水で薄めるときも測りやすく失敗が少ないです。このような特性から胡蝶蘭の肥料は液体をお勧めしております。

 

胡蝶蘭には通常の液体肥料を水で3000倍くらいに薄めたものを使用します。3000倍と言うとほぼ水と言っても過言ではありません。こんなに薄めるくらいですから肥料をあげすぎないと言うことの大切さがわかると思います。このように薄めた肥料を2週間に一度の割合であげます。どうしても心配な方は1週間に一度の割合でも構いません。

しかしどちらもあまり効果に代わりはなくむしろあげすぎないと言う面では2週間に一度で十分です。そしてこの肥料をあげる時期について説明します。

胡蝶蘭はだいたい5月から新芽が出てきて成長を遂げて行きます。この成長段階が一番重要で難しい時期です。ですから5月からの2ヶ月間は肥料を与えるようにします。間違えても夏の暑い日に肥料をあげることは避けて欲しいです。また花が咲いてからも肥料はあげてはいけません。胡蝶蘭は本当に成長段階でした肥料を必要としません。

いつまでも肥料を与え続けることは成長を遅らせたり根元が腐ってしまう原因になりかねません。また根元が無事でも発育段階でバランスが悪くなり、葉が大きくなったり茎だけ大きくなったりと見た目がアンバランスになることがあります。本当に肥料を与えすぎないと言うことだけは守っていただきたいです。

胡蝶蘭は誰にでも育てられそうな植物に見られがちですが、実は手入れが大変な植物の一つです。

胡蝶蘭を育て上げられたら他の花を育てるのはとても簡単に思えると思います。胡蝶蘭を育てたい人はまず他の花で試して見て他の花を育てるのに成功したら、ぜひ胡蝶蘭に挑戦して欲しいです。胡蝶蘭を自分で購入しないでもらってしまった場合はぜひ挑戦して見て欲しいです。胡蝶蘭も基本的なことを守れば必ず育てることができます。

大切なのは肥料をあげすぎないということです。そして毎日観察して少しの変化も見逃さないことです。