胡蝶蘭をプレゼントしました

胡蝶蘭は長い期間花が咲いているということで、開店祝いや新築祝いなど、いろいろなお祝で贈られる縁起の良いお花です。
私の父は母に誕生日に胡蝶蘭をプレゼントしていましたが、もう半年くらいたちますが、上手にメンテナンスしているためかまだきれいに花も落ちずに咲いています。
値段は他の花に比べたら高価ですが、都市部の花屋で買わなければ、田舎の花屋や、市場に行くとたまに安く購入できることもあります。
田舎だと胡蝶蘭を贈るなんて家もあまりないので、必ず手に入るかと言ったら難しいかもしれませんが、安く手に入れたい場合は探してみるのもいいかもしれません。
とくに大き目の産直売り場の花売り場にたまにほんとに安く売っていることがあるので、見つけたらお買い得だと思います。
胡蝶蘭は白や紫や、ピンクなどいろいろな色があります。
今は色もたくさんあるので選ぶもの楽しいですね。プレゼントされる人の印象に合わせて似合う色を、フラワーアレンジメントしてもらうように選らぶこともできるようになりました。
毎年誕生日に胡蝶蘭を贈っているわけではなく、60歳という記念の年に胡蝶蘭を贈っていたので、それなりに大事な記念の日に、感謝の気持ちを込めて贈るべきお花なのだと思います。
また鉢に入っていて、結構な大きさになるので、人に見てもらえるように、玄関に置いておくのも良いですし、適度に日の当たる寒すぎない場所に置いてあげて、たまにスプレーでお水をかけて、乾かないようにしてあげると長持ちしてくれます。
あまり若い世代には胡蝶蘭をプレゼントしたり、されたりすると言うのは少ないかもしれませんが、いただくと大事にしようと思うような高価な印象のお花です。贈ると素敵ですね。
新築祝いや、お子さんが生まれたら胡蝶蘭を贈るのも素敵だと思います。直接的に子供が生まれたご夫婦に贈るのではなく、そのご夫婦のご両親に、お孫さんが生まれておめでとうございますと言う意味で、親戚が胡蝶蘭を贈ってくれたことがありました。
そのお花も半年経ってもきれいに長く楽しむことができました。
親戚の家族の名前のカードを、胡蝶蘭の花を支える棒につけてくれて、お祝いと書いてあるので長く見ることができて、見るたびに親戚たちの顔が浮かび嬉しいものです。
両親も喜んでいました。両親はよく旅行に行くので、胡蝶蘭の心配をしていましたが、1週間くらいの旅行でも元気に咲いていますし、繊細なお花ですが、結構丈夫なのかなと思いました。
さすがに夏は1週間ほどお部屋に入れたまま放っておいたら、葉が全て落ちて、元気がなくなってしまったようですが、その後丁寧にメンテナンスしたら、復活していました。
長くもつお花だからこそ、お世話も気をつけてお世話したいお花ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です